かくれ伽ダイニング胡座

胡座のコンセプト

グローバルな仏教の世界観


  • /日本古来の伝統や文化をモダンに展開
    • 多くの日本人が仏像などで得る感覚は「お経」「供養」「お寺」といった、日本の風土を連想する感覚ではないでしょうか。とは言え、それらの仏像はその表現の多様さや造形の緻密さから、西洋では幻想的でクールなアイコンと位置付けられています。
    • 胡座では、日本古来の伝統や文化をモダンに展開する「グローバルな仏教の世界観」を体現する空間作りをコンセプトにしております。ご来店いただくお客様に「輪廻観」「生死観」そして、より大きな「宇宙観」を感じていただけたら嬉しいです。

非日常的な隠れ家


  • /妙々たる個室を彩る哲学
    • 食事を楽しんだ記憶を呼び起こす時、料理の食材や味よりも「誰と、どのような空間で食べたか」を想起する事が多いのではないでしょうか。食べるという行為よりも「誰かとその空間を共有した」感覚が強く印象に残るものです。
    • 胡座では、それこそが料理を更に美味しくするスパイスだと考えます。非日常的な妙々たる個室に漂う胡座の哲学は、味覚や嗅覚以外にも視覚や感覚を刺激します。